御朱印いいね~諸国へ御朱印の旅~ブログ

私は『御朱印の旅』や『富士登山』が趣味です。『介護』にも関心があります。

スポンサーリンク

今年から玄関に「蘇民将来子孫家門」茅の輪を飾りました。


f:id:kawase1960:20210109201149j:image

今年から玄関に「蘇民将来子孫家門」茅の輪を飾りました。
「蘇民将来子孫家門」
その昔、伊勢の地を旅した須佐之男命は、日が暮れ泊るところに困っていると、貧しくとも心豊かな蘇民将来が、須佐之男命を自分の家に泊め、手厚くもてなしました。
命は蘇民将来の善行に大変感激し、「後の世に疫病あらば、汝、蘇民将来の子孫と云いて、茅の輪をもちて腰に付けたる人は免れなむ」と言い残し、去って行きました。
以来、蘇民家は茅の輪のおかげで、疫病が流行ってもその災いから免れ代々栄えました。

伊勢地方では、お正月の注連縄を一年中飾っておく風習があります。
この札には「蘇民将来子孫家門」と書かれているものがほとんどです。
これは、民話にも出てきたように「私の家は蘇民の子孫の家ですよ」と、わかるようにして、悪いことがおこらないようにするおまじないなのです。