御朱印いいね~諸国へ御朱印の旅~ブログ

私は『御朱印の旅』や『富士登山』が趣味です。『介護』にも関心があります。

スポンサーリンク

四国八十八ヶ所霊場・第38番札所・蹉陀山金剛福寺の御朱印です

f:id:kawase1960:20160422065048j:plain

 

[四国八十八ヶ所霊場・第38番札所・蹉陀山金剛福寺]

(御本尊)三面千手観世音菩薩

(御本尊の真言)おん、ばざら、たらま、きりく

(住所)高知県土佐清水市足摺岬214-1

(電話番号)0880-88-0038

(御詠歌)ふだらくや、ここは岬の船の竿、とるも捨つるも、法のさだ山

 

嵯峨天皇より「補陀落東門」の勅願を賜わった弘法大師は、弘仁13年(822)足摺岬に来錫し、三面千手観世音菩薩を刻み、 それを御本尊としてお寺を開創され月輪山・金剛福寺と号し四国38番札所に定められました。


その月輪山の山号を現在のものに改めたのは金峰上人が住職をしていたときであります。


その頃、岬周辺で暴れ狂っていた天魔を上人が法力をもって蹉陀して退かせたことにちなんで現在の蹉陀山と改号しました。


当山は嵯峨天皇以来、代々の天皇の勅願所となり、室町時代には京都の尊海法親王が下向されて住職をしていたこともあります。


また、武将たち、とりわけ源家一門との縁が深く、多宝塔をはじめ諸堂の建立を受けています。


境内の広さは岬一円を覆っていて、突端周辺と寺内には、「ゆるぎ石」「亀石」「刀の石」「亀呼び場」「竜燈の松」 「竜の駒」「名号の岩」の大師七不思議の遺跡があります。