御朱印いいね~諸国へ御朱印の旅~ブログ

私は『御朱印の旅』や『富士登山』が趣味です。『介護』にも関心があります。

スポンサーリンク

介護老人保健施設とは

 介護老人保健施設は、通称「老健」ともいいます。


病院などでの治療が終わり病状が安定している高齢者を受け入れる施設ですが、現状は自宅での介護が困難などの理由から、 特養への入所を待つ長期入所者が増えています。


病院と在宅の中間施設という位置づけで、リハビリを行う役割ももっています。


そのため職員も特養より多い看護師と、医師、理学療法士、作業療法士といったリハビリ専門職も勤務しています。


原則は、自宅復帰を目指しているため、入所者は要介護3以上が半数以上と特養より要介護度が低くなっています。


入居資格は、65歳以上、要介護度1以上で、病状は安定しているが、在宅生活が難しい人です。


日常的な医療ケアが必要な高齢者も受け入れています。

 

(1)入居条件
 対象者は、原則65歳以上で「要介護1」以上の介護認定を受けていることが条件になります。


その他、伝染病などの疾患がなく、病気での長期入院などを必要としないことなど、施設によって条件が異なります。


入所の申請には、施設への申し込みから面談・主治医意見書・診断書を通して、本人の健康状態や介護度を審査し、入所判断を行っています。

 

(2)費用・料金
 月額でかかる費用には、家賃・食費・光熱費、その他日常生活にかかる雑費などが必要となります。入居一時金はかかりません。


また、負担すべき額は、本人や扶養義務のある家族の世帯収入・課税状況の他、相部屋・個室ユニットなどの部屋タイプによって異なります。